インスリン療法について

  • インスリン療法はなぜ必要?

    詳細はこちら

    糖尿病の患者さんの場合、すい臓からのインスリン分泌量の低下がしばしばみられ、そのようなケースでは、インスリンを外部から補ってあげる必要があります。

  • インスリン療法の実際

    詳細はこちら

    適切なタイミングで、適切な量のインスリンを注射する必要があります。現在のインスリン療法では、ペン型の注入器を用いるのが主流で、注射針は細く短く、痛みも少なくなっています。

  • 日常では低血糖に注意しましょう

    詳細はこちら

    インスリン療法中は、低血糖に注意する必要があります。低血糖を恐れるあまり自己判断でインスリン注射薬の量を調整したり、中止したりしないようにしましょう。

  • インスリンの歴史

    詳細はこちら

    インスリンは1921年にバンティングとベストによって発見されました。イーライリリー社は発見の翌年の1922年5月にインスリンの製剤化に成功しました。

  • インスリン治療を始める2型糖尿病患者さんへ

    詳細はこちら

    インスリン注射は、決して特殊な治療ではありません。最近のインスリン注射の方法は確実に進歩していて、痛みはほとんどありません。どなたでも安心してお使いいただけます。

  • 初めてのインスリン治療ガイド

    詳細はこちら

    「何故」インスリン治療が必要なのか、どんな治療方法なのかなどをわかりやすくまとめた、インスリン治療の“疑問”が解消できる、「初めてのインスリン治療ガイド」のご紹介です。

  • インスリン療法Q&A

    詳細はこちら

    煩わしそうで大変というイメージのために、インスリン療法をためらう患者さんも少なくありません。しかし、きちんと理解して正しく使えば、とても有効な治療法です。