リリーの取り組み

リリー インスリン50年賞

インスリン療法を開始されて50年以上になる糖尿病患者さんを表彰する「リリー インスリン50年賞」は米国リリー社が1974年に設立したもので、これまでに米国を中心に約1,500名の患者さんが受賞されています。
世界初のインスリン製剤が発売されて80周年を記念して、2003年より日本での募集・表彰を開始いたしました。

インスリン療法を開始されて50年以上になる糖尿病患者さんは、インスリン治療の技術発展をご自身の経験として感じ、治療面・心理面において様々な工夫をされ、50年という長い年月を糖尿病とともに歩んでこられた方々です。
「リリー インスリン50年賞」は、このような患者さんの長年のご努力を称えるとともに、他の糖尿病患者さんにとっても治療に前向きに取り組んで頂けるような目標となり、勇気を与えることを願って設けております。
表彰式は、患者さんの長年のご努力を称え、他の糖尿病患者さんに勇気と希望、そして目標を与えることを願い毎年開催しております。

DM VOX

DM VOXとは・・・
インスリン治療を行う小児患者さんを対象に、年3回開催される全員参加型の市民公開講座です。
小児患者さんの多くが高齢2型を中心とする内科医療の中で、仲間や情報から孤立した状況に置かれることがあり、インスリン治療や日常に関する悩みを相談したり、患者さん同士の交流や情報交換の機会を作るため1998年にスタートしました。

イベントニュース